道の駅は、市内産業が活性化するような構想を持って進めて! 12月議会の一般質問

 昨年12月市議会には市の園芸協会の皆さんが、「道の駅の早期整備を求める陳情」を提出しました。

 農業振興に生かせるという趣旨でしたが、道の駅の整備と合わせて農業振興、地場産業の振興をどうやって図るかという市の構想がなければ、道の駅をつくったは良いが、市民のお荷物になるということもあります

 12月議会の一般質問では、どのような構想を持って事業を進めているのかを質しました。

 道の駅を成功させるためには、市内の農商工団体や市民団体との協力関係を築くことが欠かせない。市としては是非、そういう皆様のご理解を頂き、協力して頂けるように務めて頂きたい。

 また、「道の駅」の役割として地域観光の拠点として期待する向きもありますが、都市部から誘客し、周辺の施設やプログラム等に送り込む結節点とはなり得ても、道の駅そのものが旅の最終目的地とはなりにくいと指摘する人もいます。留意する必要がある、と指摘しました。

 道の駅について市は他の議員の質問に対して、次のように答えています。

 ・道の駅のコンセプトは「綾瀬の魅力を感じられる場所」「富士山を眺望しながら時間を過ごせる、体験機能も展開できる」

 ・総事業費25億円弱。国からの補助金は50%くらい。市の負担は14億円。

 ・年間利用者予測67万人。県道利用2万台から推計。年間売上6億2千万円。観光専門のコンサルタントが算出。

 ・駐車場、トイレなどは市が負担。年間1千万円程度の負担となる。

 ・レストランなどの売上部分は、指定管理者の独立採算とする。市への納付額は、事業者の提案事項とする。約3千万円以上を期待する。

 ・令和9年開業をめざす。市民や市内事業者とワークショップを行い、十分に意見を聞いていく。

タウンヒルズの継続を!

綾瀬市はいま、 旧消防本部庁舎跡地にスーパーマーケットのヤオコーと衣料品店ユニクロを出店させ、2024年度中にオープン。

 タウンヒルズを解体してホームセンターのカインズ、ビバホームの跡には家電量販店のケーズデンキを出店させ、2027年度中のオープンを予定しています。

 けれども市民の中には、タウンヒルズの継続を望む声が多くあります

 12月議会の一般質問では元商工会会長、元商工会副会長綾瀬市幹部職員、元自治会長など、これまで市の発展に貢献されてきた方たち16名が「タウンヒルズを存続させるように見直しを求める」陳情を提出したことを紹介。

 市に見直しを求めましたが、市は聞く耳を持ちませんでした。

 タウンヒルズにはスーパーマーケットと家電販売店や衣料品店のほかにフードコーナーやこども向けの写真館、書店や靴店、手芸店など、日常生活に必要な様々な種類の店があり、とても便利に使えるところです。

 今回の再編ではそういう小さな店はなくなり、不便になります。

 市は市民の声を聞いて、タウンヒルズを残す中心市街地の再編を行うべきです。

下図は、広報あやせ1月1日号の掲載記事です。

オスプレイは配備撤回を! 実現できるように日米地位協定の抜本改定を!

 11月29日、横田基地所属の米軍輸送機オスプレイが屋久島沖で乗員8名が死亡するという重大な墜落事故を起こしました。オスプレイは配備撤回が必要です。

下部をクリックすると本文を読むことができます。

オスプレイは配備撤回を 越川

12月6日、厚木爆同など4団体はオスプレイの飛行停止、配備撤回を求めて厚木基地司令官に申し入れを行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

11・23沖縄県民大集会連帯横浜市民アクションに参加

 11月23日、沖縄県民大集会連帯横浜市民アクション実行委員会主催の集会とパレード(桜木町駅前~みなとみらい地区~横浜ノースドックの対岸の公園まで)に参加しました。

 JR桜木町駅前の集会には、「9月10日の横浜ノースドックパレード実行員会からの経過と沖縄に連帯する行動が重要」などと主催者が説明。横浜ノースドック揚陸艇部隊配備反対の県民署名を呼び掛けた山根徹也・横浜市大教授と本田正男・弁護士が挨拶。

 集会に駆けつけた阿部知子・衆議院議員と水野もと子参議院議員が、力強い連帯の挨拶を行いました。

 横浜ノースドックには、大型の輸送船が接岸していました。

 私は、広範な国民連合・神奈川は賛同会員の皆さんと共に参加しました。

基地強化に反対! 日米豪加の共同訓練で、オーストラリアとカナダの軍用機が厚木基地を使用

 台湾有事をあおるために、日米だけでなくオーストラリアとカナダ、フィリピンン含めた共同訓練が行われ、厚木基地もその一翼を担います。戦争になれば、厚木基地も巻き込まれることは必至です。
 日中不再戦、沖縄・日本を戦場にさせるな! と大きな声を上げて、戦争を阻止しましょう!
 海上自衛隊は2023年11月10日(金)から20日(月)まで、日本周辺海域および空域で「実動演習(共同演習)」を行うと発表しました。
 同演習に参加するオーストラリア空軍のP-8Aとカナダ空軍のCP-140が、機体整備などのために厚木基地を使用することを発表。
 オーストラリア空軍P-8Aは8日(水)から23日(木)、カナダ空軍CP-140が8日(水)から22日(水)までの期間、同基地に飛来します。また、物資輸送などのためカナダ空軍のC-17輸送機が、往路として9日(木)から10日(金)まで、復路として30日(木)から12月2日(土)まで飛来し滞在するとしています。
 この共同演習は対潜戦、対水上戦を想定した各種戦術訓練と洋上補給の演習を行うもので、海自とアメリカ海軍、オーストラリア海軍、カナダ海軍が護衛艦や空母、駆逐艦、フリゲート艦を派遣。また航空機も、海自はP-1哨戒機など約20機、アメリカ海軍はP-8哨戒機など約10機、オーストラリア空軍はP-8A哨戒機1機、カナダ空軍からもCP-140哨戒機1機が参加します。
 本演習において、米海軍とは昭和56年から、カナダ海軍とは平成29年から、オーストラリア海軍とは令和元年から訓練を実施しています。
 なお、フィリピン海軍が今回初めて、オブザーバーとして本演習に参加します。

タウンヒルズと消防本部跡地利用について

 綾瀬市はいま、タウンヒルズを解体して、消防本部跡地と一体として新たな商業施設をつくろうとしています。

 タウンヒルズは1つの建物の中に食品売り場と衣料品売り場、家電売り場、フードコート、ATMなどがあって、便利に使えますが、新たな施設では食品売り場と衣料品売り場、家電売り場はそれぞれ別の建物になり、不便になります。現在タウンヒルズからビバホームへは2階通路で渡れますが、それがなくなって道路を渡るようになって、これも不便になります。

 タウンヒルズの管理者は契約の継続を希望したのに、地権者が断りました。なぜでしょうか? 

 下記をクリックすると、市の再整備図案を見ることができます。

0925中心市街地再整備案図

 一方で、民間でつくるまちづくり研究会では、タウンヒルズをそのまま残して、消防本部跡地に「まちの駅」をつくる案を提案しています。

下記をクリックすると、まちづくり研究会案を見ることができます。

0925まちづくり研究会案

 どうするのが良いのかを考える上で、市の事業スケジュール案と、現在進んでいる状況や市の考え方、6月市議会での議論などを整理しました。

 参考になれば幸いです。市民の皆様のご意見をいただきたいと思います。

  事業スケジュール

内 容 時 期
基本協定の締結 令和5年2月下旬
旧消防本部庁舎跡地に株式会社ヤオコー・衣料品店を先行オープン 令和6年度中
施設全体のグランドオープン 令和9年度中

(注意)上記スケジュールは予定であり、変更になる場合があります。

 

 以下は、現在進んでいる状況です。

・消防署跡地とタウンヒルズ跡地をまとめてヤオコーと契約する。

・ヤオコーはすべての話の窓口になっている。

・ヤオコーとは月に何度もやり取りをしている。

・賃貸借の金額については相手があるので、相手との交渉事項で明らかにできるかできないか不明。

・土地の賃貸借期間については、今年度中に決まる。

・建設費、解体費は民間が負担。市の負担はない。

・ヤオコーはタウンヒルズの状況を実際に見ている。

・どういう店舗が入るかは、ヤオコーが決める。

・ヤオコーに対して、市民の要望を伝えることはできるが、個々人のバラバラの声は伝えられない。商工会とかの団体として、まとめて要望してほしい。

 以下は、6月議会の一般質問で、上田市議に対する栩秋部長の答弁です。

本事業用地の地権者会である綾瀬SC地権者会に対し、平成30年10月にタウンヒルズ事業運営会社から契約延長に関する文書による申入れがあった旨、地権者会から報告を受けております。また地権者会の総意として、次の事業提案等も聞くため、事業用定期借地権設定契約の延長は合意できない旨、令和2年2月に現在の運営事業者へ回答している状況を聞いております。

・既存施設の利活用につきましては、サウンディング型市場調査のときの公募上の公平性、対象区域の一体的利用に関する意見、当該事業者との協議など、地権者会を含めた最終的な判断としてより競争力を持った魅力的な施設とするため、現在の契約書に基づき事業用定期借地権設定契約の期間満了に合わせ、既存施設の取壊しを行い、旧消防本部庁舎跡地と一体で土地利用を図るよう判断し、プロポーザルを実施したところでございます。

施設の回遊性についての御質問でございます。こちらについても、具体的な内容については差し控えさせていただきますが、市としては、商業施設と周辺の公共施設との回遊性など、居心地がよく歩きたくなるような町なかを形成してまいりたいというふうに考えてございます。

・(市民は、今度の施設にフードコートがないのか、100円ショップ的なものはないのかということをとても心配されています)という質問に対して、こちらの内容につきましても、具体的な内容は、交渉中なので答弁は差し控えさせていただきますが、フードコートなどにつきまして、既存商業エリアにつきましては、令和9年中のオープンを目指しておりますので、御要望等があれば聞いてまいりたいというふうに考えてございます。

来年の駅伝大会はスポーツ公園園路で開催を検討中 9月議会一般質問

9月議会の一般質問で、次のことが明らかになりました。

  • 9月議会の一般質問で見えたもの
  •  武藤俊宏議員の質問に対する市の答弁 ・駅伝競走大会の会場は、来年はスポーツ公園園路で行う。大和市と協議中で、10月中には大枠が決まる。
  • スポーツ公園では、両市がサッカーのホームタウンであることを生かして、大和市と連携してサッカー競技を共催できないか協議を進めている。
  • 長峰の森の管理委員会は昨年解散した。現在はシルバー人材センターに管理を委託している。
  •  古郡敏正議員の質問に対する市の答弁 市の操法大会は隔年開催となった。
  •  岡 徳行議員の質問に対する市の答弁
  • コミバス見直しで、新たな交通手段の導入を検討している。
  • 地域公共交通計画で、市は補助金の対象となるものはないと県は判断している。
  • 越川好昭の質問に対する市の答弁
  • 新たな特養施設の建設を県に申請している。県が承認すれば、建設することができる。