参議院選挙の結果から何を学ぶのか

労働新聞 2016年7月15日号 社説

労働新聞7月15日号では「参議院選挙の結果から何を学ぶのか」と題した社説で、「自公与党に『改選議席数の過半数』を許しはしたが、貴重な前進、成果もあった。そこには、安倍政権を打ち破る上での教訓も含まれている。そこに学ぶことも、選挙戦と同じか、それ以上に大切である」と指摘しています。参考になると思いますので紹介します。

TPPで国民の健康が危険に 批准するな!声を上げよう!

2015年11月1日、国民連合・大阪総会で「TPPと対米従属」をテーマに鈴木宣弘・東京大学教授が記念講演を行いました。そのレジメから、国民の健康にかかわる部分を紹介します。

国年連合サイト、「政府のTPP影響評価・試算の誤謬」を紹介します。